理学療法士になるには国家試験突破が必須!

整体の専門家になる

整体師は、整体と呼ばれる健康術の専門家です。独自の伝統理論に基づいて、心身の不調を改善するための施術を行います。公的な資格はありませんが、医療系の専門学校等でプロとして必要な理論と技能を学ぶことができます。

適している人とは

女性

意外と体力が必要です

理学療法士は国家試験を受けて取得する資格なので、国家資格の1つとなります。理学療法士とは、病気や事故などから身体に障害を負ってしまった人を社会復帰できるよう、リハビリテーションを受け持ち、物理療法を行なう専門家のことを言います。主にマッサージや電気刺激治療、運動訓練、温熱療法など含めた治療を行なっていきます。理学療法士の資格を取得したい場合は、大学や短大、専門学校など様々な場所で学ぶことができます。外国ですでに理学療法士の資格を取得している人は、試験を受け直す必要はありません。国家資格というと難しそうに聞こえますが、学校に通いながら自宅で過去の問題集を解くなど、努力を怠らなければ十分取得できる資格です。試験自体のレベルもそれほど難しいことはなく、合格するものは多いといわれています。しかし理学療法士になるために適している人とそうでない人がいるもので、国家試験に挑んで資格を取ろうとするのであればどのような仕事内容なのかをしっかりと把握することが必要です。理学療法士に適している人は、細かなことでもちゃんと向き合うことができる人や体力に自信のある人が良いといわれています。国家試験では体力的な測定を行なうわけではありませんが、いざ仕事となればほとんどが体力勝負な仕事でもあります。人と関わりながら体を動かすことを苦に感じない人が理学療法士に向いているといえます。

レディ

4年制か3年制か

放射線技師になるためには、専門的な大学で勉強する必要があります。そして、大学を卒業して国家試験に合格すると放射線技師になれます。3年制は学費が抑えられ、早く就職できる利点があります。しかし、大学病院や医療機器メーカーなどでは大卒を求めるところも多く、大卒の方が就職には有利といえます。

看護師

看護師としての素質を図る

看護師としての素質や意欲があるか判断するために、看護学校の入試では面接を課しているところが多いです。つまり、面接を受ける際は、自分のやる気をアピールすることが大切になります。言葉遣いや服装などにも気を付けて、面接官の方をまっすぐに見ながらハキハキとした声で質問に答えるようにしましょう。