理学療法士になるには国家試験突破が必須!

4年制か3年制か

レディ

4年制の方が就職に有利

放射線技師になるには、まず3年制の短大、専門学校か4年制の大学か専門学校に通う必要があります。これらの学校を卒業すると、国家試験の受験資格が与えられます。この試験に合格してはじめて放射線技師になれるのです。国家試験は年に1回2月に行われています。不合格になると、来年までまって再受験することになります。放射線技師になるための学校は様々ありますが、自分が通いやすい学校を選ぶとよいでしょう。大学では、専門学校とは違い、時間をかけて放射線技師になるための勉強をすることができます。大学の場合だと、昼間部も4年制で、夜間部はすべて4年制となっているところが多いでしょう。現在、放射線技師の高学歴化が進行しています。大学病院や医療機器メーカーでは、大学卒を求めるところが多いです。書類選考で大卒でなければ落とすところさえあります。そういった意味では大卒の方が就職には有利でしょう。短大、専門学校は3年間で卒業でき、学ぶ期間、学費を抑えることができます。その点は魅力ですが、就職の面を考えたら、知識、技術をより深く学べる4年制の大学の方がおすすめです。放射線技師の仕事は、機械やコンピュータを使うため、それらに強いことが大切な要素になってきます。医療機器の進歩は早いため、そのスピードに対応し、勉強し続ける力も求められます。技術系の仕事ですが、患者さんと接する機会も多いため、相手を思いやる温かな人間性、コミュニケーション能力も求められます。